USB、Lightning、microUSBの3つの入力端子がついたフラッシュメモリレビュー【PR】




USB、Lightning、microUSBの3つの入力端子がついたフラッシュメモリレビュー【PR】

ガジェット関係の接続端子って規格がたくさんあってややこしいですよね。

  • USB
  • Lightning
  • microUSB

などなどデータのやり取りをする際にはその規格にあったケーブルやメディアを使わないといけませんよね。

データのやり取りのたびにケーブルを持ち運んだりするのも手間だし、スマートではありません。

「全部一緒の規格なら楽なんだけどな…」

なんて思ってたらGEARBESTさんから3in1のフラッシュメモリをご提供いただきましたのでご紹介します。

本体外観

このアイテムはUSB・Lightning・microUSBの3つの端子がセットになっているフラッシュメモリです。

パソコンからスマートフォン、iPhone・iPadなどの別々のデバイスでも専用のアプリを使って管理できます。

多くのガジェットを行き来するブロガーの人なんかは結構便利なアイテムだと思いますよ。

3in1のフラッシュメモリ

まずは外観から。いろんなツッコミどころがある外観ですが、各々心の中でツッコミ入れておいてください。

シールがうざい

ウラ面には対応するフォーマットが。写真・動画・音楽・ドキュメントが対応。

ウラ面

箱の中身は専用アプリの説明書と本体。

内容物

片方はLightning、

Lightning側

もう片方はUSBになっております。

USBメモリ側

んでUSBの方を開くとmicroUSBになるというマトリョーシカスタイル。

micrUSBにもなる

説明書は読めないので即捨てました。

説明書読めない

アプリのダウンロードはQRコードからいけます。

QRコードでアプリダウンロード

恐ろしく評価悪いのですでに怖くなってきました。

めっちゃ評価悪い

専用アプリでフラッシュメモリを使ってみる

アプリを使っていろいろとデータのやり取りをしてみました。

使ってみた感想としては、

iPhone→フラッシュメモリ

基本的にiPhoneからメディアファイルとして移動できるのは写真と動画のみです。ただ、書き出しがめちゃくちゃ時間がかかるので正直実用性は低いですね。

ずっとグルグルなってうまく書き出せませんでした。

単純にファイル移動だけならマックに送る場合、普通にAirdrop使えば良いし。

写真のバックアップとして使える機能もあるので、そちらも使ってみました。

数百枚の写真だと数分かかりましたが、この使い方なら便利かもしれませんね。…と思ったら57%でずっと止まるという事態に。

▼これでは使い物になりません…。

ScreenRecording_09-21-2018 21-18-23

他にも電話帳バックアップ・復元というのもできますが、もはやiCloudやiTunesの方が慣れているので特に使う気になれませんでした。

フラッシュメモリ→iPhone

こちらもできることは画像と動画がiPhoneに保存できるだけなので、あまりメリットはないですね。(結局airdrop使うので)

メリットとしてはWindowsユーザーで、iPhone使っている人ですかね?

Airdropが使えない時にこの移動の仕方だと便利かもしれません。64GBもあれば持ち運びできる容量としては十分ですし、サイズも小さいのでかなり便利かも?

音楽もwavを放り込んで音楽アプリで使えるか検証しましたが、特にアプリの中で視聴ができるだけでした。

USBが使えるデジタルDJなんかには便利なのかもしれませんが、規格が対応してるかどうかは確認が必要になりますね。

まとめ:持ち運びできるUSBフラッシュメモリとしては十分

使用感は普通のUSBといった感じですが、Lightning端子が付いているのでちょっとしたiPhoneへの写真・動画の移動には良いと思います。

それと普通にMac・パソコンでも使えるのでメディアファイルや音声なんかはこれで持ち運びができます。

マイクロUSBも使えるので対応するガジェットをうまく使えばこれ一つで済むのでおすすめです。

取り急ぎ音楽ファイルやデータの持ち運びや、容量の多くなりがちなiTunesのバックアップ先として使ってみようと思います。これでストレージが軽くなると良いなあ。

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを



コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)