Apple wireless keyboardが認識されない。 いろいろ試してみたけど故障でした。 新しく買ったのはApple Keyboard テンキー付き! 純正ならではキータッチとUSB接続の安心感がいい。 あれ、Apple wireless keyboardよりいいじゃん。 テンキー付きだから確定申告にはもってこいだし、 一番の魅力はUSBポートが二つあることかな。




やあ、Appleフリーク諸君。

iMacに標準装備のApple wireless keyboard。
Macにはぴったりだし、洒落てるよね。

それが壊れちゃったんだ。

keyboardないと困るよね。
だから新しいの買ったんだ。wirelessじゃないやつ。


 

ども、Mac大好きシゲ@piece_hairworksです。

最近家のMacとお店のMacを入れ替えました。そのせいか知りませんがiMacのwireless keyboardがうんともすんとも言わなくなりました。

電源は入るんですけどMacの方に認識されなくて反応なし。

Avatar image
ワイフ
うわ〜かわいそぉ〜、ドンマイ。
Avatar image
シゲ
うるさいよ。
Avatar image
偶然の産物
ついてない洋一ですね。

いろいろと方法を探してみましたがどうも故障のようです。結局新しいkeyboardを買うことになりましたが、せっかくなのでそのレビューと共に、試した復旧方法をまとめておきます。

幾つか復旧方法がありますので、諦める前にいろいろと試した方がいいです。

それではまいりましょー。

Apple wireless keyboardの復旧方法

Apple wireless keyboardの場合はワイヤレスなのでいじるところがあまりありません。接続されないだけの場合もあるので色々試してみましょう。

①まずは電源のオンオフを入れ直してみる

▼Apple wireless keyboardの右側面にある電源ボタン。これを一度押すと電源がオンになります。

IMG_7766

IMG_7768

IMG_7767

オンになると緑のランプがつきます。普通に使ってるとあんまり気付かないですけど、長押しすると電源オフになります。そこからまた電源オンにして電源を入れ直してみましょう。

普通に認識されるようならあなたは幸せ者です。どうぞこれからもApple wireless keyboardと仲良くしてくださいね。

②電池を入れ替えてみる

電源のオンオフで解決するくらいなら可愛いもんですよね。そんなこと検索すらしないでしょう。本体の電源が入るなら電池周りも疑ってみましょう。

もしかすると電池の残量がなくなっているのかも?新しいものに変えてみると以外と治ってしまうケースがあるらしいです。

▼Apple wireless keyboardの左側のところに電池を入れる場所があります。そこから電池を入れ替えましょう。10円玉などの硬貨で回し開けることができます。爪でやると簡単に爪がデストロイされるので気をつけて。

IMG_7770

僕が使ってるのはeneloopのものです。もしかするとeneloopが原因なんではないかと疑いましたが、そうでもなさそうです。他のものに入れ替えてみても症状は変わりませんでした

IMG_7772

IMG_7771

Avatar image
ワイフ
電池もメーカーによっては相性があるのかな?
Avatar image
シゲ
もしかするとあるかもしれないけど、僕のは違うみたい。
Avatar image
偶然の産物
電源でも電池でもないんですね。

③Bluetoothの接続を他のもので確認してみる

iPhoneやiPadを持っている人はApple wireless keyboardの接続が他のものでできるかどうか確認してみるのも一つの方法です。これによってMac側に問題があるのか、wireless keyboardの方にあるのかがわかります。

▼iPhoneの【設定】→【Bluetooth】でApple wireless keyboardが出てこないか確認しましょう。

IMG_7777

ここで出てくるようなら、Macに問題がある可能性が高いです。逆に出てこないならkeyboard本体が壊れてるかもしれません。

④オールリセットしてみる

Macの方に問題があるケースもあるので、そちらもやってみた。他の機器との干渉や落雷による異常も考えられるので、ひととおり使えるとしても試してみてもいいかもしれません。

手順としては…

    1. Mac本体をシステム終了して、本体の電源を抜き少し時間を置く(5~10分くらいかな)
    2. Apple wireless keyboardの方も電池を抜き時間を置く
    3. 周辺機器(USB接続しているものやイヤホンなど)を完全に抜く
    4. 下記の干渉しそうな機器を遠ざける

 

信号干渉をチェックする

2.4 GHz 帯のワイヤレスネットワークが干渉源となる場合があります。干渉が疑われる場合は、コードレスホンの親機、電子レンジなどの 2.4 GHz の周波数帯を使用する電子機器を Mac から遠ざけてください。
ワイヤレスデバイスは Mac から 10 メートル (約 30 フィート) 以上離さないでください。
ワイヤレスデバイスと Mac の間に金属の物体を置かないようにします。

引用元:Apple 製のワイヤレスのマウス、キーボード、またはトラックパッドが正常に動作しない場合 – Apple サポート

これらのことをしっかりと行い、全てをリセットしてから起動させてみてください。原因が本体の方にある場合もあるので、これで治ったら嬉しいですね。僕は治りませんでしたけど。

番外編⑤他の機器とつなげていないか確認する

僕はそういうことはなかったんですが、他のiPadやiPhoneなどにペアリングしていると認識しないこともあるようです。

▼こちらの記事で紹介されています。

「そういえば他の機器で使ってた!」って人はこれで解決するかもしれませんね。まあ僕は治りませんでしたけど。

番外編⑥ゲストユーザーでログインしてみる

こちらも僕は試せなかったんですけど、ゲストユーザーでログインしようとすると治るケースもあるようです。Bluetoothの設定を再設定しようとするからのようですが、試してないので詳しいことはわかりません。

▼こちらの記事で紹介されています。

これで治る人もいるようなので試す価値はあります。僕はゲストユーザーでログインすらできなかったのでダメでした。

 

ここまでやってダメならもう故障でしょうね。落雷や衝撃で急に使えなくなることもあるようなので、精密機器の悲しいところです。かといってこのまま使えないのも困ります。

どうにもこうにもならないので新しいkeyboardを買った

背に腹は代えられません。keyboardが使えなくなったiMacなんて邪魔なだけですね。ということで急ぎで注文したのがこちら。純正のApple Keyboard テンキー付きです。

▼ハイ、キタコレ!頼んだ次の日に来た。さすがAmazon先生、仕事が早いですな。

IMG_7759

なんでApple wireless keyboardじゃないのかと言いますと、テンキー付きの方がやっぱり入力しやすそう。確定申告もあるので丁度いいということで、こちらにしました。ちなみにwirelessではありませんバッチリコードをUSB接続です。

▼同梱物は延長コードと説明書くらい。シンプルですね。開けた時の新しい独特の匂いがたまらない。

IMG_7760

使ってみた感じをちょこっとレビューしてみます。

Apple Keyboard テンキー付き -JISのいいところ

やっぱり一番はテンキー付きなところですね。数字の入力やShiftを押さなくても+や-が出せるのは効率が良く、ストレスフリーです。ファンクションキーも搭載してるので、割り当てていろいろな使い方もできそうです。

▼シンプルなテンキー。

IMG_7762

 

もう一つは独立したキーがあるところですかね。

ページ送りや一気にページのトップに戻ったり、逆にページの一番最後に行けたりします。deleteのキーも逆バージョンがあって、普段は使わないけどあると便利なキーが作業効率を上げてくれます。(そんな使うことないので要らないっちゃ要らない)

▼こんな配列です。

IMG_7763

 

そんで地味に嬉しいのが2つのUSBポート付きというところ。右サイドと左サイドの下の方についてます。iMacは外部入力が背面にあるので、結構めんどくさかったんですけどこれで解決。充電のスピードは遅いものの、USBフラッシュメモリを直接させるのは痒い所に手が届く素晴らしいポイントですね。

▼ここと

IMG_7764

▼ここに。

IMG_7765

Avatar image
ワイフ
これは結構使えそうだね。
Avatar image
シゲ
かなり嬉しい機能だよね。USBハブ使わなくていいし。
Avatar image
偶然の産物
純正だからデザインもマッチしますしね!

Apple Keyboard テンキー付き -JISの悪いところ

これはまあ言わずともわかりますよね。wirelessではないので完全にコードが目立ちます。しかも僕は本体と離して使っているので、延長コードを付けて接続してます。

▼結構煩わしく感じますね。その分、確実なんですけど。

IMG_7761

あとはやっぱりテンキー付きなので場所をとります。それなりに細くてコンパクトな印象ですが、今までのものと比べるとそれなりにでかいです。

▼並べてみるとやっぱり大きいですね。

IMG_7778

僕の机は余裕があるので大丈夫でしたが、小さめのデスクを使ってる人にはちょっとワークスペースを圧迫するかもしれません。イメージとしてはiMac21.5インチの幅より少し狭いくらいで、42センチくらいでしょうか?

その辺も考慮しておいた方がいいかもしれませんね。

シゲのあとがき。

もっと早くからこっちに変えておけばよかったなと思うくらい快適になりました。今回壊れたのがいい機会だったのかもしれません。

Avatar image
ワイフ
とか言って余計な出費になったね。ドンマイ。
Avatar image
シゲ
純正のものは少し値段が張るけど、使いやすさは変わらない方がいい。
Avatar image
偶然の産物
いい買い物でしたね。

▼MacをオンラインのAppleストアで買う時にもkeyboardは選択できるので、もしwirelessにこだわりがなければこちらの方がオススメです。

スクリーンショット 2016-01-09 16.43.05

経理などの計算を頻繁にする方にはもってこいですし、使ってみるとUSB端子が手元にあるのは思いのほか嬉しいものです。

まあ壊れないのが一番ですけどね。

ははは、じゃあねー!( ´ ▽ ` )ノ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを



コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)