カメラ散歩するなら早朝の街は人がいなくて、雰囲気のある写真撮影にはもってこい。普段よりも早起きすると日常では撮れないものが撮れるよ。写真の色合いとかもいつもと違う。




カメラ散歩するなら早朝の街は人がいなくて、雰囲気のある写真撮影にはもってこい。普段よりも早起きすると日常では撮れないものが撮れるよ。写真の色合いとかもいつもと違う。

やあ、カメラフリーク諸君。

昨日の夜はさぞかし楽しかったんだろうね。
朝までコースだったって?

休みの前だから仕方ないね。

始発の電車で帰ったって?
そりゃもう不良の始まりだよ。


 

ども、カメラ大好きシゲ@piece_hairworksです。

先日連休があったのもあって、久しぶりに朝まで後輩たちと過ごしていました。ちょうど前回のカメラ記事のときですね。

▼空港に行って桜木町へ行った時です。

カメラを買ったら一度は行って写真を撮りたい!「空港」にはフォトジェニックな被写体や空間がたくさん。一日中いられるし写真撮ってても違和感なくてオススメ!そのあとは桜木町へも。あ、目的はスローシャッターの練習。

この日は次の日の朝までみんなで過ごしていて、始発で最寄り駅まで帰ってきました。この歳になっての朝帰りは体力的にも精神的にも辛いもんでしたが、せっかくの早朝ということで普段撮れないものを撮って帰ってきました。

Avatar image
ワイフ
朝帰りのくせによくそんなことできたなー。
Avatar image
シゲ
ごめんなさいませ。これには事情がありまして…。
Avatar image
偶然の産物
どんな理由があるにせよ、朝帰りはダメですよ。

返す言葉もございません。もう二度としません、多分。

朝帰りはひとまず置いておいて、今回は早朝の撮影の面白さを経験したので記事にしておきます。まあ酔っ払って帰ってきてたので大した写真ではないですが、早朝には普通の時間帯にはない風景がありました。

それではまいりましょー。

早朝のカメラ撮影は人の気配がない

カメラ記事を書いていて自分自身の好みがだんだんわかってきました。僕は広くて奥行きがあって「がら〜ん」としてる写真が好きなんだなと。

日常では人がたくさんいたり、車がたくさん走ってたりする景色が普通です。

▼その景色に全く人の気配がない非日常が面白くて好きです。

▼車の往来がないいつもの道も新鮮に映ります。

▼奥に続く道も普段は人でいっぱいですが、早朝は全くいないので取り放題。

 

Avatar image
ワイフ
こんだけ人がいないとさっぱりしてるね。
Avatar image
シゲ
あんまり色んなものが写り込みすぎると、わけがわかんなくなるんだ。
Avatar image
偶然の産物
「がら〜ん」ってのがちょっとわかりますね。

早朝は撮影しづらいところで撮影しやすい

これはちょっと誤解があるかもしれないので説明します。

僕が通勤で使ってる道のそばに大きな会社の工場があって、そこはいつも従業員の人がたくさんいて近づけないんです。でも早朝の時間帯なら人もいないので、変な人扱いされずに撮影ができます。

人の多いところで撮影するのは度胸と経験が必要な気がします。

初心者の僕はまだ街中で堂々と撮影する度胸がなく、人気のないところを探してしまいます。そんな僕でも早朝なら堂々と(?)撮影に望めるんです。

Avatar image
ワイフ
要はビビリってことね。了解。
Avatar image
シゲ
そうさ。きっとそうさ。
Avatar image
偶然の産物
まだ始めてすぐだから仕方ないですよ。

▼僕は工場とかフェンスとかの無機質な感じが好きです。

▼自転車保管庫とかいいですよ。

▼入っちゃダメなところは入っちゃダメ。

不法侵入してるわけではないので通報はしないでくださいね。

早朝は色がくすんでて好みの仕上がりになる

まだ日が昇りきってない少しグレーがかった空の色が大好きなんです。青いけど、薄くて、くすんでるような空の色が。これは早朝の時間にしか見れない色だと思います。

▼青いんだけど、ちょっと違うみたいな色。

太陽の光が入ってくるとオレンジとか黄色とかの暖かい色になってくるので、その前時間帯に見せる曇りの日のような色合いが撮れます。

特に日が昇る時間帯は刻一刻と色が変わってきます。10分も違えば全く違う写真になりますよ。

これも早朝ならではな気がします。

早朝は電車もまばらです

特に電車がすきなわけではないですけど、普段電車が通っている線路に電車がいないのは面白い。走ってても一本くらいのもんでした。

▼これも非現実的でつい写真に撮りたくなります。

Avatar image
ワイフ
写真撮ってるの想像したら、変質者かと思われるよ。
Avatar image
シゲ
まあそう変わらないから大丈夫です。
Avatar image
偶然の産物
堂々と写真が撮れるのも早朝ならではですね。

シゲのあとがき。

普段そこまで早く起きることはないので、なかなか早朝に撮りに行く機会がなかったです。朝帰りというのはこれまたなかなかいいチャンスなので、結果オーライですね。

普段人が見れないものや非現実的なものは、ついつい写真に収めてしまいたくなる被写体です。

「場所」だけではなくて「時間帯」というのも、カメラ散歩の大事な要素の一つなのかもしれませんね。夕暮れどきや深夜などの、特定の時間帯にしか撮れない写真もあると思います。それを撮りに行くのもカメラの楽しみの一つでしょう。

Avatar image
ワイフ
今度は夜中に出かけたりしないでしょうね。
Avatar image
シゲ
君がいびきをかいているうちに、ね。
Avatar image
偶然の産物
悪巧みを計画中ですね。

そのためには三脚が必要だー。ほしー。誰か買っておくれ〜。

普段撮影しない時間帯に、写真を撮りに行くのも楽しいですよ!

追記

鎌倉の近くに住んでいながら、意外といってなかったので写真さんぽしてきました。気づきや出会いもありました。

▼一話。

古都鎌倉をカメラ散歩part1。 建長寺や鶴岡八幡宮をウロウロして写真撮ってみて、 やっとわかった気がする。いかにもって感じの写真より 普段人が気にならない路地裏とか、 日常感が僕は写真に撮りたいんだって。

▼二話。

古都鎌倉をカメラさんぽpart2。 鶴岡八幡宮から鎌倉駅周辺をウロウロした。 観光地とはいえ路地裏はやはり鎌倉も普通の街だし、 人々の生活感がある。 また知らない鎌倉の一面を知った気がした。 最後の一枚がやっと鎌倉らしい写真になったかな。

ははは、じゃあねー!( ´ ▽ ` )ノ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを



コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)