無謀にもスーパームーンを撮影してみた。OLYMPUS OM-D E-M10のズームキットレンズなら、初心者でも簡単にキレイな月の写真が撮れたんだ。




無謀にもスーパームーンを撮影してみた。OLYMPUS OM-D E-M10のズームキットレンズなら、初心者でも簡単にキレイな月の写真が撮れたんだ。

やあ、カメラフリーク諸君。

この間はスーパームーンだったらしいね。
十五夜とスーパームーンと続けてだからお月様も忙しいね。

ちゃんと月の写真撮った?

こちとらミラーレス一眼買ったからね。
絶対きれいな写真撮れると思ったよ。


 

ども、カメラいじりまくりシゲ@piece_hairworksです。

この間スーパームーンと言われる夜がありましたね。

、スーパームーン (Supermoon、天文学では近点満月、または近点新月) とは、満月または新月と、楕円軌道における地球への最接近が重なることにより、地球から見た月の円盤が最大に見えることである。

引用元:スーパームーン – Wikipedia

月の写真って素人でも撮れるんでしょうかね。

結論から言うと結構簡単に撮れました。月は動かないしわりと何度でも撮り直しが出来るので失敗は多いですがちゃんと撮れます。

望遠レンズがないとダメですけど。上手い人なんかは撮れるのかもしれませんが、僕のような初心者は完全に無理です。技術より何より、もちろん道具に頼ります。

▼撮り方はあめたまさん(@ametama_l2l )の記事を参考にしてみました。ついにカメラ買いましたよーあめたまさん!

参考:三脚も高価なレンズもいらない!手持ちで月をきれいに撮る方法

Avatar image
ワイフ
本当に撮れんの?ドシロートでも?
Avatar image
シゲ
あんなにうまく撮れないけどね。でもいい感じに撮れたよ。
Avatar image
偶然の産物
出来るもんなんですね。

それではやってみましょー。

スマートフォンで撮ってみようと試みた

実は月なんて撮る予定ではなかったんです。バイクで自宅に帰りついて、ふと空を見上げたら月がすごく明るいじゃないですか。

んでいつもの調子でiPhoneで撮ってみたんですよ。そしたら雲がかかってるのもあって、とんでもないのが撮れたんです。まあこんなもんでしょう。

▼どこがスーパームーンじゃい。

IMG_2563

えー全く歯が立ちません。とりあえず雲が晴れるまでは保留です。でもどうせ撮るならミラーレス買ったんだから、それで撮影に挑戦してみたくなりました。

OLYMPUS OM-D E-M10の望遠レンズを使って撮影

OLYMPUS OM-D E-M10 ダブルズームキット の望遠レンズ「OLYMPUS 望遠ズームレンズ  」で撮影します。

めっちゃ手ぶれします。思ってたより手ぶれします。

でも壁に寄っ掛かったりするといいらしいので、ベランダの手すりにカメラを乗せて固定します。それではファインダーをのぞけないので、ここで便利なチルト撮影を使います。

▼こうやって画面をくるりんぱするんです。

IMG_0137

こうすることでピントが合ってるかどうかを画面で確認しながら、月の撮影をします。(実際の撮影風景ではなくてすいません)

ただ、ここで一つ問題が生まれるのです。

シャッターを押すだけでカメラは動くんです。それでは手ぶれになって、綺麗に写真がとれないのです。これは困った。

そこで考えたのはシャッターをセルフタイマーにしてみたらどうか?押さなくても自動的にシャッターが切れるので、手ぶれは防げるんでは無いでしょうか?名案だ!

Avatar image
ワイフ
んで、どうなったの?
Avatar image
シゲ
うまくいったさ。

夜や、望遠で撮るときは手ぶれに気をつけないとですね。

▼撮れたのはこちら、はいどーん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ってダメじゃん。真っ白じゃん。

月がかなり明るいってのはあめたまさんの言った通りだ。これだけ大きく撮れるだけでも結構スゴいけど、どうせならもっとこう月っぽいの撮りたい。

も少し明るさを暗くしてみようかな。

も少しシャッタースピードを早くしてみたらいいのかな。そしたら光の量が少なくなるから全体的に暗くなって、いい感じになるかも。

▼で、撮ったのがこちら。はいどーん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Avatar image
ワイフ
すごい!月っぽい月っぽい!
Avatar image
シゲ
ね、いい感じになったでしょ!プロじゃん!
Avatar image
偶然の産物
プロはもっと大きく撮るんじゃないですか?

ふふふ、そうくると思ってここでトリミングをしてみました。トリミングってのは周りのいらない黒いところを切り取ってサイズを小さくすることっぽい。そうすると拡大したのと同じ効果があるっぽい。

▼そしたらこんな感じになった。はいどーん!

P9280044

Avatar image
シゲ
ちゃんと満月っぽいでしょ!
Avatar image
ワイフ
おお〜。
Avatar image
偶然の産物
おおお〜。

これが一眼の面白いところだと思われます。液晶画面にこのくっきりと映った月が出てきた瞬間は、マジでテンション上がりました。

望遠レンズを交換して使えるのが一眼の特権ですね。買ってよかった。

ミラーレスでも十分な写真が撮れました。フルサイズとかになるともっとキレイに、鮮明に映るのかもしれませんけど、僕みたいな初心者はこれで十分です。

OLYMPUS OM-D E-M10はデジタルテレコンというのもついてる

この相棒OLYMPUS OM-D E-M10はデジタルテレコンって機能がついてるらしく、本体側で2倍にズームしてくれる。

デジタルテレコンは、被写体を使用しているレンズの倍率以上の大きさに拡大して、中央部を切り出して画像ファイルとして保存する機能です。
画像処理エンジンでデジタル補間され、出力し被写体が約 2 倍の大きさになります。

40-150mm レンズ (35mm フィルムカメラ換算 80-300mm) でデジタルテレコンを使って撮影した場合、最大 300mm (35mm換算 600mm) 相当の撮影が可能です。

003555-01

引用元:[003555]デジタルテレコンとはどのような機能ですか。 | オリンパス

これがあると、単焦点のレンズでもズームが出来たりするので結構便利。拡大することでピントが合ってるかどうかの確認も出来るので、ブレやすい僕はすごく助かる。

ファンクションキーに登録しておくと、ワンタッチでデジタルテレコンを使える。ファインダーを覗きながらピント合わせのときにデジタルテレコンを使って、撮るときにはもどすなんていう使い方も出来ます。

まあ便利ですこと。

シゲのあとがき。

はじめて月を撮りましたが、意外にも簡単に撮れたのにはびっくりです。今回の写真を見比べてみるとiPhoneのカメラも性能はいいんですが、やはり夜などのくらいときや遠い被写体を撮るときには一眼の方がイメージしているものが撮影できますね。

▼iPhone

IMG_2563

▼OLYMPUS OM-D E-M10

P9280044

Avatar image
ワイフ
そりゃこの写真比べたらそうなるでしょ。
Avatar image
シゲ
そうだよね。でも面白さは伝わるんじゃないかな〜。
Avatar image
偶然の産物
はじめてちょっとしか経ってないのに撮れるんですね。

RAW現像でもう少し調整するともうちょい良くなりそうですが、これはこれで初心者っぽくて気に入ってます。

望遠レンズもどんどん使いこなしていこうと思います。あめたまさん、参考になりました!ありがとうございます〜。

次は何を撮ろうかなあ?

ついにカメラストラップも買いました

▼外にもってくならストラップも欲しい!ということで個性的なカメラストラップ買いました。

おしゃれで個性的な一眼用カメラストラップが欲しかったので、ULYSSESのリストストラップ「アルチェーレ」にしたよ。これで外に持ち出すのも楽しくなるわ。

ははは、じゃあねー!( ´ ▽ ` )ノ

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを



コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)