iPhone Xでブログ用の画像編集をMacレベルにする便利なアプリまとめ




iPhone Xでブログ用の画像編集をMacレベルにする便利なアプリまとめ

iPhone Xでブログ執筆をMacと同じレベルにまで引き上げるべく環境を見直してますが、Macでは簡単でもiPhone Xでは結構めんどくさいのがブログで使う画像の編集

iPhone Xオンリーでブログを書くハードルの高さは間違いなくここです。

たしかに画面もでかいしマウスやトラックパッドによる細かい作業は効率が良い。

その分ブログ更新のハードルが高くなってしまっては本末転倒です。ということでiPhone Xでもサクッとブログに使える画像に編集できるアプリを見直してみました。

基本的にブログで使う画像に必要な加工は、

  • iPhone Xなどで撮った写真の編集(レタッチなど)
  • ブログのテーマフォントの登録・文字入れ
  • スポットライトや説明などの注釈
  • ぼかしやモザイク加工
  • 画像を重ねて合成
  • 画像を並べて一枚の写真に

などができれば問題なし。リサイズはslpro Xの設定でオッケー。つまりこの辺の作業がiPhone Xで完結するならもはやMacは必要ない。

全てiPhone Xで使えるアプリで完結できたのでまとめておきます。

iPhone XでMac並みの画像編集をしよう

①撮った写真の編集

まずは撮った写真の編集から。自分好みの色や加工をするならわざわざデバイスを変えずにシームレスに行いましょう。

iPhone Xはデュアルカメラ搭載なのでその写真を活かせるアプリで編集するとクオリティが上がるのでオススメ。

Focos

Focos
開発元:Xiaodong Wang
無料
posted with アプリーチ

まずは「Focos」。ボケの量を編集できたり後からピントを変えられるチートアプリなので、とりあえず撮っておいて狙ったところにピントが合ってないボツ写真さえザオリクすることが可能。

あとはボケの形を変えられたり、レンズの種類とかも変えられたりするので面白い。詳しい説明はめんどくさいのでこの神様のような記事みてください。

➡︎ iPhoneで撮影後にボケ量を調整できる「Focos」アプリがいい感じに使える! | LifeStyle STANDARD

手軽に色味をフィルターでいけてる感じにするならVSCOも。種類が豊富なフィルターたちがiPhone Xで撮った写真とは思えない色味にしてくれます。

VSCO

VSCO
無料
posted with アプリーチ

使い方とかはこちらを参考にしてください。

➡︎ アンドロイドでもiPhoneでも使えるおしゃれな 無料スマホ写真加工アプリ「VSCO」の使い方。 シンプルだけど最初はわかりづらいからまとめてみた。 日常の写真が「作品」に変わるので、 カメラに興味がある人にはぜひ使ってもらいたい スマホ写真加工アプリです。 | カラフル!

僕はこのVSCOともう一つ「polarr」ってアプリも使ってます。使い勝手はこっちの方が慣れてるので、ケースバイケースで使い分けてます。

Polarr 写真エディター

Polarr 写真エディター
開発元:Polarr, Inc.
無料
posted with アプリーチ

使い方とかはまたVSCOとは違いますが、まとめてウォーターマーク入れられたり指定のサイズにリサイズできたりするので用途に応じて使い分けてます。僕の使い方はこんな感じ。

➡︎ フィルムカメラみたいな写真を意識した僕なりの撮った写真の現像方法まとめ | カラフル!

②テーマフォントの登録・文字入れ

Macだとお気に入りのフォントを登録して入れるのは簡単なんですけど、iPhone Xの場合どうやるんだろーって調べたら解決しました。「phonto」というアプリ使いましょう。

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ
開発元:youthhr
無料
posted with アプリーチ

お気に入りのフォントを探してダウンロードリンクをタップすると、phontoが入っている端末ならインストール可能。

僕の大好きなフォント「GN-キルゴUかなNA」も登録できたので一安心。他にも元々オシャレなフォントが登録されてるのでオススメです。

③スポットライトや矢印などの注釈入れ

部分的に目立たせるためにスポットライト効果をつけたり、矢印で注釈を入れるのもブログでは必要な加工。めんどくさいけど無いものに比べると記事のわかりやすさは天と地ほど違います。

今まであんまり使ってなかったけど「markee」はこういう加工が手軽にできるのでオススメ。主に説明する記事なんかには使いやすいと思います。

Markee

Markee
無料
posted with アプリーチ

部分的にモザイクをかけたり、矢印を入れたり(デザインは微妙)、スポットライトで目立たせたり。もちろん文字も入れられますがフォントが微妙。デザインにこだわらなければこのアプリで済んでしまうのでオススメです。

モザイク!

スポットライト!

プライバシーも守れますね。我が子はモザイクかかってても天使。プライバシーの壁を超えてくる可愛さ。

④ぼかしやモザイク画像

モザイクはmarkeeの方が使いやすいですが、画像全部にモザイクやぼかしを入れたい時はこっちの「ぼかしアプリ」を使います。

ぼかしアプリ 簡単に写真全体をぼかす & モザイク加工アプリ

ぼかしアプリ 簡単に写真全体をぼかす & モザイク加工アプリ
開発元:Yu Abe
無料
posted with アプリーチ

この後で紹介する「2枚の写真を重ねる」加工の時に背景画像をぼかしておきたいケースですごく便利。主にアイキャッチなどちょっとこだわりたい時にオススメ。

通常のブラー効果に加えて個性的なフィルターもあるので一味違うアイキャッチなどに使えます。

⑤2枚の写真を重ねて合成する

2枚を重ねるという表現であってるのかわかりませんが、こういう写真を作るときに使うアプリです。

最近ハマってしょうがないフリックアプリの記事のアイキャッチです。

➡︎ iPhoneのフリック入力の速度レベルアップに「にゃんこフリック道場」アプリで練習 | カラフル!

アプリのアイコンをぼかしたバックの写真と合成してます。簡単にオシャレになるのでアイキャッチなどでよく使われるアレです。よく見る。

Macでは他のアプリでしたがiPhoneでもできたのでご紹介。「photoshop mix」ってやつです。

Adobe Photoshop Mix - 写真加工アプリ

Adobe Photoshop Mix – 写真加工アプリ
開発元:Adobe
無料
posted with アプリーチ

一枚一枚の大きさや角度、なぞって切り取りしたものを指定の位置に入れるなどかなりパーフェクトなアプリです。使いこなせる自信がない。

最近流行ってる雑誌のようなアイキャッチなども作れるので知らない人は使ってみると新鮮でいいかも。

ちなみにアプリのアイコンはここから検索して保存可能。いちいちMacのプレビューアプリから作らなくてもいいので超便利。

➡︎ AppStoreアプリアイコン取得プログラム

⑥2枚の写真を並べて一枚の写真に

この辺はiPhoneでブログ書くならデフォルトで使ってると思いますが最後にご紹介。そう「ナラベルコ」です。

ナラベルコ - 2枚の写真を並べて1枚にする簡単コラージュアプリ (旧称:Twin Collage)

ナラベルコ – 2枚の写真を並べて1枚にする簡単コラージュアプリ (旧称:Twin Collage)
開発元:FANG Inc.
無料
posted with アプリーチ

iPhoneなどの縦長の画面のスクリーンショットを使ってのブログ記事などでは二枚並べて使う方がわかりやすい場合もあり、注釈などで操作手順を打ち込む際の画像作成には便利なアプリ。

他にもコラージュアプリはありますが、フォトエディターもついていてシンプルでわかりやすいので気に入ってます。

広告がないともっといいんですけどね。

まとめ:画像編集も慣れればiPhone Xで戦える

Avatar image
シゲ
作業効率を上げるために使い慣れる必要はありますが、個人的にiPhone Xでも十分戦えると確信しました。もはやどこでだってブログ書けるぜやっほう。

この記事も全てiPhone Xで書き終えたので、アプリオススメ記事や細かい説明記事もiPhone Xで全然いけます。

ましてや今は空前のモバイルファースト。説明記事や注釈も「iPhoneのスクリーンショットの方がユーザビリティが高くなるのでは?」と、新しい時代の幕開けを勝手に開けたつもりでいます。

ちなみにAssistiveTouch使えばスクリーンショットめっちゃ楽になるのでオススメです。

➡︎ iPhone Xを最適化するためにAssistiveTouch使おう

「いやいやこれ使ってないなんてダメでしょ」みたいなすごいのあったら教えてください。電報待ってます。

この記事が気に入ったら
『いいね!』してね

Twitter でシゲを



コメントをどうぞ!

*
*
* (公開されません)